土佐堀川の歴史

旧淀川は中之島と出合う天神橋付近で二手に分かれ、そのうち中之島の南側を流れる方を土佐堀川と呼びます。付近は豊臣時代、土佐商人の群居した土佐座の地といわれ、河川名の「土佐堀川」もそこからきたと伝えられています。北側の堂島川が「裏川」に対し、南側の土佐堀川は「表川」とも呼ばれ、江戸時代には岸沿いに各藩の蔵屋敷が建ち並び、諸国の物産を積んだ船の出入りで賑わい、大坂商人の活躍の場だったようです。
現在、大阪城港と淀屋橋港を結ぶ水上バス「アクアライナー」や、筑前橋上流から中之島公園に向かって散策道や親水テラスが整備されています。肥後橋周辺はオフィス街で、ここで働く人々のやすらぎの場として親しまれています。大阪に住んでいるにも関わらず、淀川は知っていたものの、土佐堀川は聞いた事がありませんでした。都島区毛馬町で新淀川より分岐して南流、川崎橋をくぐると西流に転じ、東からは寝屋川が合流、天神橋の直前で、中之島の北へ堂島川、南へ土佐堀川と流れていきます。土佐堀川は、堂島川を南へ東横堀川を分岐し、さらに端建蔵橋の直前で南へ木津川を分岐します。かつては錦橋の直前で南へ西横堀川も分岐していましたが、1962年には阪神高速1号環状線の建設のため埋め立てられました。
今の寒い季節には、大阪中之島公園では、横を流れる土佐堀川で、多数のユリカモメを見ることができます。エサが増えてきたせいか、栴檀木橋にユリカモメが並んでいます。ここに来るユリカモメは、あまり人間を恐れません。だからと言ってあまり近くには寄れません。せいぜい1.5mくらいが限度です。それ以上近づくと羽を広げて飛び立って逃げてしまうようです。飛び立ったユリカモメ達の避難場所は、土佐堀川の水面です。水面に何匹も浮かんでいる姿が見えます。土佐堀川には、カルガモの姿もいるようです。大阪の中心部にある公園では、こうしてバードウオッチングを楽しむこともできます。人間にも鳥たちにも貴重な川なのではないでしょうか。