九条駅(大阪)周辺の歴史

九条駅は、大阪市西区九条一丁目にある大阪市営地下鉄及び阪神電気鉄道の駅です。九条駅だけで調べてみると、大阪だけでなく京都や奈良にも同名の駅がありました。大阪の九条駅は、2線を有する高架駅で、改札口とコンコースは2階、ホームは3階にあります。もともとコンコースは阿波座駅寄りにあったのですが、阪神なんば線の開業後、弁天町駅寄りにも設置されました。
九条駅(大阪)の改札口は、南北の歩道から歩道橋で入れる2か所と高架下の駐輪場から通じる1か所の合計3か所で、開業時には、西側改札口のみで営業を開始していますが、東側改札口完成後に、西側改札口は何故か一度閉鎖されています。阪神なんば線開業に伴い再開さてれいますが、このことに関して大阪市交通局は「閉鎖の理由は記録に残っていない」と説明しているそうです。
九条駅(大阪)は、阿波座管区駅に所属しており、弁天町駅の被管理駅です。今ではすっかり下町のイメージがある九条ですが、もともと九条エリアは、近代大阪の発展の基礎を担ってきた街で、近くには明治時代に整備された川口外国人居留地や、大阪府に初めて府庁が建設された江之子島もあり、長い歴史を秘めている場所なのです。一般的に「衢壤(くじょう)」という地名であったのを「九条」にしたと言われています。確かに「衢壤」は難しすぎますね。誰もが読みやすく、書きやすい「九条」という地名になったことで、より親しみ安い町になったのではないでしょうか。