肥後橋駅周辺の歴史

肥後橋駅は、大阪市西区江戸堀一丁目にある大阪市営地下鉄四つ橋線の駅のひとつです。江戸時代、肥後橋の北詰の中之島に肥後藩の蔵屋敷があり、あたりは肥後島町と呼ばれていました。明暦3年の「新板大坂之図」には肥後殿橋とあり、古くはこう呼ばれたこともあったそうです。
肥後藩の蔵屋敷は元禄時代になって中之島西部の越中橋北詰へ移転しましたが、橋名と町名はそのまま残りました。肥後橋が渡辺橋の通りに移ったのは明治21年に鉄橋化されたときからです。18年の洪水で流失した後、渡辺橋と共に鉄橋で架けられました。肥後・渡辺橋の通りは、明治7年にすでに造られていた大阪駅へのメインストリートであったため、早く鉄橋化されたものと思われます。
大正15年に第一次都市計画事業によって完成した橋は、「スパニッシュルネッサンス式」と呼ばれるもので、両側に橋台兼用のコンクリートアーチがありました。河川上の橋脚の位置に豪華な飾塔を立っていて、華やかで重厚な作りの橋だったようです。この橋も、戦後になって四ツ橋線の地下鉄3号線を通す工事に伴い架け替えられています。
円盤状の支柱をもつユニークな高欄をもっていましたが、平成6年に橋面と高欄部の改装が行われ、より華やかなデザインのものになりました。現在の橋は、1966年に高潮対策事業と大阪市営地下鉄四つ橋線の工事に伴って架けられたもののようです。普段使用しない駅ですが、場所一つ一つにたくさんの歴史があるのだと思いました。